TOPICS

トピック

マンションを息子にあげたいんだけど??

こんにちは!
名古屋の中古マンション専門店【マンション倉庫】です!

今回はこのテーマ

購入したマンション、息子にあげたいんだけど?

この内容のお客様は結構いらっしゃいます。
マンション、戸建て、土地を息子さんだったり、その他の方にあげたいという内容です。

その際に気にしなければならないのが贈与税の発生についてです。
まとめます!

贈与税とは

生前する個人から財産をもらったら発生する税金

暦年課税贈与税

毎年110万円以下の贈与なら税金はかかりません
1月1日~12月31日までに贈与により取得した財産の110万円を超える部分にかんして課税される。
【例】お父さんから200万円もらった
   200万-110万=90万 ⇒ 90万×贈与税率-基礎控除額
相続税をかす前に財産を移転させないように、相続税より重たい税率が設定されている。【税率高い、控除低い】

相続時精算課税贈与税

父または母からの贈与で通算2500万円以下の財産ならぜいきんはかかりません。
65歳以上の父または母から20歳以上の子※子がなくなっていたら20歳以上の孫も含む への贈与が対象。通算で2500万円までの取得なら贈与税はかかりません。しかし、2500万円を超える分については、一律20%の贈与税が発生。

相続時精算課税の父が死亡したら

贈与者である父が亡くなった場合、遺産にこの制度で贈与を受けた財産(贈与時の価額)を加えて相続税を計算する。
しかし、納めた贈与税は、相続税から控除します。このように、相続時精算課税は、相続税と贈与税の一体化を図るシステムとなっている。※相続税がかからない人が高額な贈与を受けるときに便利な制度です。

贈与税率表

【特例贈与財産用】(特例税率) ※一番多パターンかと思います
直系尊属(祖父母や父母など)から、20歳以上の者(子・孫など)への贈与 
祖父から孫への贈与、父から子への贈与など

基礎控除後の課税価格 200万以下 400万以下 600万以下 1000万以下
        税率      10% 15% 20% 30%
       控除額 なし   10万   30万    90万

まとめ

マンション倉庫では相続税、贈与税等の税制のサポートも一緒に行っております。
是非、お気軽にご相談下さい!では!(^^)!

株式会社ライフサイト