TOPICS

トピック

【住宅ローン減税】住宅ローンを利用した際にできる減税手段

こんにちは!
名古屋の中古マンション専門店【マンション倉庫】です。

今回は皆さんにとてもなじみがある内容【住宅ローン減税】について簡単にご説明いたします。

住宅ローン減税って

毎年末の住宅ローンの残高の1%が所得税の額から10年間に渡り控除されます。
所得税だけでは控除しきれない場合は、住民税からも控除されます。※住民税の上限額136,500円/年
消費税10%が適用の物件については令和2年12月31日までの取得であれば期間が3年延長されます。
①最大控除額は4,000万円の1%の400万円
②新築、未使用の長期優良住宅、低炭素住宅の場合は5,000万円の1%の500万円

利用要件について※中古マンション編

①自ら住むこと
②㎡数が50㎡以上
③耐震性を有しておること
④借入年数10年以上 年収3,000万円以内

耐震性を有することについて

マンション【耐火建築物】の場合は25年以内のものとする。
それ以外の場合は下記の書類が必要となる。

耐震基準適合証明書

国土交通大臣の定める耐震基準に対し、建築士が証明を行う書類

既存住宅性能評価書

既存住宅性能において耐震等級が1以上を認める書類

既存住宅瑕疵保険に加入

新耐震の建物または耐震基準適合証明書がないと加入できない

※住宅ローン減税の11年目~13年目は、以下のうちいずれか少ない方の金額が3年間に渡り所得税の額等から控除される。

①住宅ローン残高又は住宅の取得対価(上限4,000万円)のうちいずれか少ない方の金額の1%
②建物の取得価格(上限4,000万円※4-2)の2%÷3
⇒ 大体2番が選定される


【マンション倉庫】では損をしないマンション購入をモットーにお仕事をさせていただいております。
マンション初心者の皆様、お気軽にご相談下さい。マンションの事ならマンション倉庫!!
では!(^^)!

株式会社ライフサイト